カテゴリ: 流動化・証券化

大阪地判平成18年5月30日(金融商事判例第1252号第38頁、判例タイムズ第1250号第325頁)(事案)資産の流動化に関する法律に基づき設立された特定目的会社(TMK)に対し、原告Xら(「原告X」)が売主となって、特定目的会社(TMK)との間で不動産売買契約を締結したにもかか …
続きを読む

東京地判平成22年9月30日(金融商事判例第1357号第42頁、判例タイムズ第1342号第167頁)  (事案) 不動産を保有する原告Xに対する貸付債権(いわゆる不良債権)について、原告X及びその株主(保証人、物上保証人でもある)と貸付人らとの間で私的整理案を含む和解契約( …
続きを読む

東京地判平成22年4月21日(判例タイムズ第1336号第161頁)   (事案) 資産流動化法上の特定目的会社(TMK)であるX1(「原告X1」)が、不動産を所有すると主張して、当該不動産を買い受けたと主張するY(「被告Y」)に対し、被告Y名義の所有権移転登記につき、真正な登 …
続きを読む